特定非営利活動法人虹色の実
重心通所うちゃこ

地域に寄り添う。笑顔と安心を。

基本理念

共助共存

1. 共存

利用(児)者や家族共に、
地域での存在意義があること。

2.  共感

利用(児)者や家族と一緒に歩幅や
呼吸を合わせ、常に感じくみ取っていくこと。

3.  共育

携わる全て人が、利用(児)者を通して
学びながら、地域資源を育むこと。

4. 共受

どんな時でも常に受け入れる姿勢と考えを持ちながら検討し、
最善の方法を考え、利用児(者)と家族に提供しながら
地域活動での味方になり、支えとなること。

2.  共感

利用(児)者や家族と一緒に歩幅や
呼吸を合わせ、常に感じくみ取っていくこと。

スタッフ紹介

土屋 千夏子 看護師(理事長)


うさ太郎 (事業所のロゴモデル)
海保 洋明
管理者・児童発達支援管理責任者(副理事長)
海保 洋明
管理者・児童発達支援管理責任者(副理事長)

サービス内容

活動全般
ご本人の状態にあわせて、個別または皆で活動します。
バルーン活動・スヌーズレン・レクやリラックス活動などを行います。
支援・援助
ご本人や保護者の方と相談しながら、ひとり一人に 対応した(寄り添った)、支援をさせて頂きます。
【食事ケア・排泄ケア・移動や移乗ケア・医療的ケア等】
創作的活動
スタッフと一緒に、個別または皆で創作的活動を 行います。
【絵画・手芸・工作・お散歩や外出・その他】
機能訓練(リハビリ関係)
機能訓練職員(理学療法士・作業療法士)による、
機能訓練を無理なく、各意見書等に沿って行います。
相談・連携
出来るだけ多くの利用児関係者と連携しながら、利用児 ひとり一人の成長・療育を共有できればと思います。
もちろん、ご本人・保護者の方からの声もお聞かせ下さい。
送迎サービス
ご本人の状態や保護者の方の要望にあわせて、 送迎の対応をさせて頂きます。
創作的活動
スタッフと一緒に、個別または皆で創作的活動を 行います。
【絵画・手芸・工作・お散歩や外出・その他】

一日の流れ

1
お迎え
【学校がある日】 学校へのお迎え(または保護者送迎)            
【学校がお休みの日】 ご自宅へのお迎え(または保護者送迎)
2
うちゃこに着いたら
【学校がある日】 みんなであいさつ・準備活動
【学校がお休みの日】 朝の会・リラックスタイム・準備活動
3
うちゃこの過ごし方
【学校がある日】 集団や個別活動・自由遊び 
【学校がお休みの日】 集団や個別活動・自由遊び・昼食・休息タイム  
           個別支援 → 機能訓練・医療的ケア・排泄介助など    
4
帰りの準備・お帰り
【学校がある日】【学校がお休みの日】       
お片付け・帰りの準備・帰りの会・ご自宅への送迎(または保護者送迎)
2
うちゃこに着いたら
【学校がある日】 みんなであいさつ・準備活動
【学校がお休みの日】 朝の会・リラックスタイム・準備活動

ご利用までの流れ

STEP 1
まずはご連絡を下さい。
電話でもメールでも構いません。
連絡後、お子さんのお話をお知らせ下さい。

ご都合の良い日時に、見学に来て下さい。






STEP 2
関係各所との連絡・連携
利用の希望が決まりましたら、 相談支援専門員をはじめとする、各関係者と連絡や連携を取らせて頂きます。

保護者さま
お手数をお掛け致しますが、主治医の方へ「主治医意見書」記入依頼をお願い致します。




STEP 3
契約 ~ ご利用
主治医意見書ができるまでの間に、ご利用の契約をさせて頂きます。 【通所受給者証・障害者手帳・療育手帳・ライフサポートファイル等・お薬手帳・印鑑をお持ち下さい】

主治医意見書が作成されましたら、
ご利用スタートです。
※ご不明な点は、なんでもお聞き下さい


STEP 3
契約 ~ ご利用
主治医意見書ができるまでの間に、ご利用の契約をさせて頂きます。 【通所受給者証・障害者手帳・療育手帳・ライフサポートファイル等・お薬手帳・印鑑をお持ち下さい】

主治医意見書が作成されましたら、
ご利用スタートです。
※ご不明な点は、なんでもお聞き下さい


私たちについて

どんな時でも、気軽に立ち寄れる場所でありたい。
 重症心身障害(児)者や保護者を中心に何かあったら頼れる、相談できることはもとより、 地域の方々にも気兼ねなく立ち寄れる場所でありたい。 例えばその関わりの中で、重症心身障害(児)者を幅広く知ってもらい、 重症心身障害(児)者の地域生活(共存認知)を支えながら動かしていけたら幸いです。




存在目的

利用児(者)や保護者にとって、いつも傍にある、日常の小さな幸せを一つ一つつむぎ、 大きく意味のある生活と地域価値を見出していきながら、コミュニティーソーシャルネットワークの 活性と地域住民一人ひとりの笑顔を生み出していくこと、
居場所になれること。


ぃず・ちゃいるど・みっと』

(重症心身)障害児・者というだけで、様々な制限を知らず知らずに受けてしまうことがあります。保護者も幾多の苦労や、迷いが生じる時があります。

 障害という壁のために、気が付かないうちに生活での活動範囲や行動等に見えないブレーキをかけてしまうことがあります。

 (重症心身)障害児・者たちは、一人ひとり無限の能力と発想力を秘めています。誰かが、そっと寄り添いサポートして、歩幅を合せる・・・。
 そのわずかな行動が、(重症心身)障害児・者たち一人ひとりの能力や発想力を大きく伸ばして、今まで見えなかった・気が付くことが出来なかった小さな光を、無限の大きな光に出来るかどうかは、携わっていく人たちの協力だと思うのです。

 より多くの、たくさんの機会と挑戦を与えながら、一緒に成長をし、時に見届けながら「泣き笑い・喜び感動を」共にしていける。
どんなことでも・・・、どんな時でも・・・。
『 一緒に・子どもたちと・関わり合って参加する 』
そして、数多く多様に成長するその姿を見届けながら、一緒に育んでいきたい。

利用する中で、新しい出来事や何気ない刺激、感覚と成長を感じながら、地域社会で障害児(者)が安心できる共存生活が誰とも営める。住み慣れた地域環境で居心地が良く、優しく包まれる日常と生活の橋渡しができたらと思います。

お知らせ


【ご連絡やご報告】

【利用中の様子・年間行事等】令和3年10月、利用中の様子UPしました

【令和3年度評価表(児童発達支援・放課後等デイサービス)】

【令和3年度評価表(児童発達支援・放課後等デイサービス)】

活動の様子

お散歩中①
お散歩中②
アロマキャンドル
お月見しました
とんぼの創作
ボールで遊ぼう
ボールで遊ぼう
風船で遊ぼう
感覚訓練中
指先の訓練
上肢の訓練

生活クラブ風の村 重心通所さくら 竹内所長さま
支援指導・勉強会をして頂きました。

令和3年11月16日・支援指導
令和3年12月10日・勉強会
令和3年12月10日・勉強会

2022年4月22日(金)
USPマネジメント社 企業情報誌 月刊CENTURYの取材がありました!

2022年7月号 『地域を育む企業と人』のコーナーに掲載されます。
7月号は千葉県特集で、凡そ10社ほどの取材だったそうです。
インタビュアーは、俳優の野村宏伸さんでした。2022年7月1日に発売となります。

事業所情報

事業所
千葉県山武市早船ト472番地1
建物等
木造テナント3区画分 全83.78㎡(25.85坪)
事業形態

重症心身障害児通所(児童発達・放課後等デイサービス)
医療ケア児を含む。

  • 児童発達支援 0歳~就学前児童(6才)
  • 放課後等デイサービス就学児童・生徒(~18才)
定員
児童発達支援と放課後等デイサービスを併せて、5名(1日)
スタッフ配置

管理者兼、児童発達支援管理責任者1名
看護師2名(常勤1名・非常勤1名)
保育士1名機能訓練職員(非常勤で3名…PT1名・OT2名)➡週2日程度の配置
嘱託医…1名(月1回程度の回診)

営業日
月曜日~金曜日(祝日含む)
営業時間
9:00~18:00
サービス提供時間
10:00~17:00(祝日、長期休暇中は16:00)
休業日
毎週土曜日と日曜日、8/13~8/15、12/29~1/3迄
アクセス
成東駅から車で6分

定員
児童発達支援と放課後等デイサービスを併せて、5名(1日)

重心通所うちゃこは、代替え支援も対応させて頂きます。
状況に応じたサービス利用のご希望をまずは、ご相談下さい。
(個別訪問支援を含みます)


私たちの想い

平成28年10月末前、千葉県放課後連等に参加する中で、重症心身障害児(医療的ケア児)通所の少なさを知り、重症心身障害児(医療的ケア児)について意識的に確認するきっかけなっていきました。
そんな中で、様々な重症心身障害児・者施設の方や関係者から伺う内容は、切実なものでした。

今思えば・・・。全ての始まりはあの日からだったのかなぁ・・・と思う日があります。
私自身、平成12年7月末日・・・。忘れもしません。次男が破水の中、自然分娩ではありましたが、
わずか7ヶ月という状態で出生しました。体重わずか902g。
1㎏の砂糖1袋にも満たないわが子がNICUの保育器の中、この小さい身体に呼吸器やら点滴やら、様々な命をつなぐための器具がついていました。
そこに呆然とし、言葉すら出てこない自分がいたことを鮮明に覚えています。そんな自分に対し、
息子は手足をバタつかせたり、寝返りをして必死に「僕は生きている!」とサインを送ってくれていました。NICU退院後も、幾度となく生命の危険に襲われたり、入院や手術をしたりがありました。
3歳を過ぎたあたりで、知的な発達障害を含め、自閉症状も現れてきました。幸いにも様々な方々の助言や助けを受けれましたが、当時は障害児に対するサービス等があまり有ませんでした。法的な制度も未熟でした。無いものを1つずつ調べ、考えながら作ったり、行政や教育現場と交渉していきながら形にしていく。
これが我が息子のためでもあり、きっとこの先、同じような境遇や困りを感じるであろう親御さんの道を作らないと・・・とがむしゃらにやってきたことを覚えています。
息子は、今はもう21歳になろうとしています。

そんな息子が居たからこそ、老人福祉に16~17年携わってきた私が、突然6年前にこの世界に飛び込んだのは、必然だったのかも知れません。息子が通っていた特別支援学校の保護者に声を掛けられ、
当時勤務していた老人デイサービスの管理者を辞め、その方の運営する放課後等デイサービスに勤務しました。子ども達と目一杯遊び、向き合い。保護者に寄り添い、傾聴する。
その後、相談支援専門員(ケアマネ)として従事しましたが、365日24時間いつでも対応しながら、
保護者が不安な時は一晩中、電話でお話を聞くこともありました。
保護者から依頼があれば、幼稚園や事業所にもまめに足を運び、他のお子さんと一緒に遊びながら現状把握をしたり、助言したり、報告連携したり・・・。
当たり前のことですが、これを継続するとなると本当に難しい(苦笑い)。

きっと次男が導いてくれた、教えてくれたのだと思います。先生であり、師匠である次男に感謝するとともに、重症心身障害児通所の世界を教えて下さった関係者の皆様に感謝致します。
そして、真にサービスを必要としている重症心身障害児と保護者の方々の支えとなり、
安心できる存在になれるよう只ひたすら努力する所存です。


令和3年6月末
特定非営利活動法人虹色の実 副理事長
重心通所うちゃこ 管理者・児童発達管理責任者
海保 洋明



お問い合わせ

見学・お問い合わせ等はお気軽にお問い合わせください。